読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prrnszk.uz

ウズベキスタン共和国ホラズム州ウルゲンチ在住25歳

Всем,ПРИВЕТ!

ウズベキスタンのこととウルゲンチののんびりした生活をお届け

ウズベキスタンでの?洋服事情

私、ウズベキスタンの首都から1000km離れた田舎隊員。

 

平均して毎月約30$ほど服にお金を費やしている。

 

もともとあんまり服にこだわりとかはないし、

ウズで売ってる服を買いまくっているわけではない。

 

ウズベキスタンで売ってる服は安くない。

むしろ日本のほうが安くて可愛い。

それにも関わらず30$もなにに使うのかっていう話。

 

 

私が50$費やしているのは、

ウズ柄の布、それとその縫い賃。

布は安いものだと1メートル150円くらいからで」買える。

このウズ柄の模様が大好きで、日本でも着たいと思って、

しょっちゅうバザールへ通い、オーダーメイドで依頼しているのだ!

オーダーメイドというと高そうに聞こえるけど、

私が頼んでいるところだと

スカート 300円

ワンピース 400円

ドレス 1200円

くらいで作ってくれる。

ここは質が良いので、他の店より若干高いと思う。10,000スムくらい。笑

バザールの中にはもっと安いところがあるけど、質が悪くてすぐほつれたりする。

日本でも着たいので、質がいいことは大切。

それと布によっては洗濯機で洗うのがダメとかそもそも洗うのがダメってゆう布もあるけど、怠け者の私は洗濯機で洗う条件は外せないので、基本的にそういう布は買わない。

 

こうしてみると、わざわざウズに来る前にたくさん服を持ってくる必要はなかったかなぁ、、、と思う。

特に夏服。

ほとんどがこっちで頼んだ服。

 

何よりも、こっちで着る服はこっちのものを着たほうが目立たない!

コートとか、暖かさが大切な冬服なんかは持ってくるに越したことないけど、

今なんて、パジャマすらウズのやつだし、、、、

日本の服で揃えると、この片田舎だとどうも目立つのだー。

 

 

洋服のデザインするのは楽しい!

これはウズでの趣味だと胸を張って言える!

毎週縫子さんのところに通って、

雑誌を眺めながらこれかわいい!これかわいい!って話してる時間も好き。

おかげさまで縫子さんも「かわいい」ってゆうのを覚えてくれた♡

最近じゃバザールに行っても、しょっちゅう行くから顔を覚えてくれた人も多い。

毎回「日本人?どこで働いてるの?給料いくら?」って話をしてたら、そりゃーね…

 

日本に帰ったときに、みーーんな同じ服を着ていてびっくりした!

別になにかを物申すわけじゃないけど、そのうちのひとりになるのはいやだー

それにウズ柄着てれば日本ですぐウズ人に気づいてもらえるでしょ?

(我がイバラキスタンには筑波大に通うウズ人が多いのだ!)

 

いつか今までに作った服の写真を載せまーす♡